オナ禁のコツ!テストステロンの効果とリセット期間【メリット・デメリット】

オナ禁のコツ!テストステロンの効果とリセット期間【メリット・デメリット】

メンズの悩み

こちらではオナ禁のコツやメリット・デメリットについて解説しています。

私自身、長期間のオナ禁は一か月程度しかしたことはありません。

しかし7日間の計画的なオナ禁は、不定期で実施しています。

医学的な視点で考えると、長期間のオナ禁にはメリットは存在しません。

長期間のオナ禁は精神修行的な側面が強いです。

しかし7日間程度のオナ禁は、医学的にある程度メリットが報告されています。

今回はそんなオナ禁の世界を解説していきます。

 

オナ禁の効果とはテストステロン増加にあり

オナ禁をすることで、7日後にテストステロンの増加が期待できます。

こちらはアメリカ国立生物工学情報センター(NCBI)で、発表されていた研究結果です。

The purpose of this study is to gain understanding of the relationship between ejaculation and serum testosterone level in men. The serum testosterone concentrations of 28 volunteers were investigated daily during abstinence periods after ejaculation for two phases. The authors found that the fluctuations of testosterone levels from the 2nd to 5th day of abstinence were minimal. On the 7th day of abstinence, however, a clear peak of serum testosterone appeared, reaching 145.7% of the baseline

(和訳:この研究の目的は、男性の射精と血清テストステロンレベルの関係を理解することです。 28人のボランティアの血清テストステロン濃度は、2段階の射精後の禁欲期間中に毎日調査されました。 著者らは、禁欲の2日目から5日目までのテストステロンレベルの変動が最小限であることを発見しました。 しかし、禁欲の7日目には、血清テストステロンの明確なピークが現れ、ベースラインの145.7%に達しました。)

出典:A research on the relationship between ejaculation and serum testosterone level in men

このようにオナ禁7日時に、血清テストステロン濃度がピークになっていたという報告があります。

テストステロンは主要な男性ホルモンであり、男性の心身にプラスな影響を与えます。

これを高めることができる、オナ禁に注目が集まっているわけですね。

では早速、オナ禁のメリットについて触れてみましょう。

 

オナ禁で得られるメリット

続けてオナ禁で得られるメリットについて解説します。

以下の6つがメリットだと考えています。

  1. テストステロン量が増加
  2. 筋肉が付きやすくなる
  3. 疲れにくくなる
  4. 肌荒れ・髪質が改善する
  5. オナニーに費やす時間が無くなる
  6. モテやすくなる

それではこれらについて解説をしていきます。

 

1.テストステロン量が増加

まずはテストステロン量の増加です。

オナ禁7日目にテストステロン量が最大になり、それ以降はゆっくりと下降していきます。

ちなみにテストステロンが、男性の心身に与える影響は絶大です。

具体的には以下の通りです。

  1. 骨や筋肉を作り上げる
  2. 決断力があり逞しい精神を作る
  3. チャレンジ精神を養う
  4. 性欲や活力を高める
  5. 男性機能を向上させる

このようにテストステロンは、男性にとって非常に重要なホルモンです。

オナ禁を活用して、上手に男性ホルモンを高めましょう。

 

2.筋肉が付きやすくなる

また筋肉が付きやすくなるというメリットがあります。

これはオナ禁により、テストステロン量を高めることができるからです。

ただしあくまで付きやすくなるというだけで、オナ禁をしているだけで筋肉は付きません。

筋肉は筋トレをして、食事で十分なたんぱく質を摂取して、休息を取ることでしか得られません。

オナ禁はあくまでしないときと比較して、筋肉が付きやすくなる可能性があるというレベルです。

 

3.疲れにくくなる

またオナ禁をすると疲れにくくなるというメリットもあります。

オナニーはやはり消耗します。

オナニーしまくった日は昼寝を多くしてまった経験はないでしょうか?

個人差はありますが、私はオナニーをしたほうが疲れる傾向はあります。

 

4.肌荒れ・髪質が改善する

またオナ禁で肌荒れ、髪質が改善したという声もあります。

オナ禁によって、射精によるたんぱく質と亜鉛の浪費を防ぐとする考え方です。

医学的には根拠がないとされていますが、ニキビが嫌でオナ禁をしたら改善したという声もあります。

これに関しては気になる方は試してみましょう。

 

5.オナニーに費やす時間が無くなる

個人的にオナニーに費やす時間が無くなることは大きなメリットです。

オナニーって、おかず探しと動画閲覧で1時間くらい浪費しちゃうこともあるんですよね。

なのでそれが無くなるのは大きなメリットです。

オナニーで時間無駄にしてるなと感じる人は、一度オナ禁を試すのはありですね。

 

6.モテやすくなる

オナ禁をするとモテやすくなるとされています。

これに関してはあくまでモテやすくなるというだけで、オナ禁したからと言ってモテるわけではありません。

モテやすくなる理由は2つあります。

1つ目は男性ホルモンの分泌量が上がるからです。

男性ホルモンはモテフェロモンとも呼ばれ、男性的な言動や逞しさが現れます。

それが女性には魅力的に映るということです。

2つ目は女性に媚びなくなるからです。

オナ禁中はムラムラを防ぐために、女性に対して下心を出さずに媚びない傾向があります。

それが女性には逆に魅力的に見えるわけです。

これらがオナ禁を行うことによるメリットです。

 

オナ禁のデメリット

続けてオナ禁のデメリットについて解説します。

当然ですがメリットだけではありません。デメリットもあります。

  1. 前立腺がんの発症リスクが上がる
  2. 精子の質が下がる
  3. 男性器の機能低下(勃起力低下)

これらについて解説します。

 

1.前立腺がんの発症リスクが上がる

一番のデメリットはこれだと思います。前立腺がんリスクが上がります。

これはハーバード大学の研究で発見されています。

The Harvard study is the largest to date to examine the frequency of ejaculation and related prostate cancer risk.

The researchers found that men in the 40 to 49 age bracket who ejaculate 21 or more times a month reduced their risk of prostate cancer by 22 per cent.

(和訳:ハーバード大学の研究は、射精の頻度と関連する前立腺がんのリスクを調べるためにこれまでで最大のものです。

研究者らは、月に21回以上射精する40〜49歳の男性が、前立腺がんのリスクを22%減少させることを発見しました。)

出典:How an orgasm a day can slash a man’s cancer risk | Daily Mail Online

まあオナ禁している人に比べて、オナ禁していない人は前立腺がんリスクが22%減るということです。

この22%をどう捉えるかという話ですね。

 

2.精子の質が下がる

そしてこれも当然ですが、精子の質が下がります。

オナ禁を7日以上の長期間継続すると、体が精子を作らなくていいやと判断してしまいます。

結果としては精子の質低下が起こります。

こういった精子の質低下は不妊の原因となるので、軽視をしてはいけない問題となっています。

まあ使わないものは衰えるのは必然ですね。

 

3.男性器の機能低下(勃起力低下)

それと長期間のオナ禁は男性機能(主に勃起力)が明確に低下します。

人間の体は使っていないものは衰えます。

長期間のオナ禁は血流も悪化しますし、男性ホルモン量も低下します。

実際に長期間のオナ禁をして、インポ・EDになったという話もよく効きます。

これらのデメリットは男性として軽視はできません。

 

【結論】オナ禁をやるなら1週間が最も効果的

これらのメリット・デメリットを加味して考えると、オナ禁は1週間がベストです。

ベストという表現はおかしいですね。オナ禁は1週間以外の選択肢はありません。

1~6日のオナ禁は男性ホルモン量が増えないし、1週間を越えるオナ禁はデメリットしかありません。

宗教的な理由で禁欲したいという人を除けば、1週間を越えるオナ禁やめましょう。

 

当然だがオナ禁反対派の意見も存在する

画像引用:ツイッター

ちなみにオナ禁自体を反対する声もあります。

勃起力を維持するという観点では、オナニーは毎日したほうが良いです。

これは私の経験上でも間違いありません。

あくまでオナ禁は男性ホルモンを高める一手段です。

男性ホルモンを高めたいなら、筋トレをするなど方法は他にもあります。

大事なのはメリット、デメリットを理解して、オナ禁とどう向き合うかです。

 

オナ禁を成功させるコツ

続けてオナ禁を成功させるコツについて解説します。

オナ禁は本能との戦いなので、思春期男性からしたらとてもつらいものです。

  1. オナ禁をする前に目的を明確化する
  2. エロ禁を行う
  3. オナ禁アプリは使わない
  4. 筋トレをしてブーストをかける

これらを実践して乗り切りましょう。

 

1.オナ禁をする前に目的を明確化する

まずはオナ禁をする目的を明確化します。

モテたいからやりたいのか?肌荒れが嫌だからしたいのか?

そういう感じで、なぜオナ禁をするのか明確にしましょう。

目的が明確でなければ、オナ禁は継続することはできません。

自分が最初にオナ禁をしたのは、性欲をコントロールしたかったからですね。

今は仕事の時間を増やすため、男性ホルモン量を増やすために実施しています。

 

2.エロ禁を行う

そしてエロ禁を行うことが大事です。

具体的には以下のようなことを実践しましょう。

  1. お気に入りのエロ動画・エロ画像を消す
  2. お気に入りのエロサイトのブクマを消す
  3. 視界に入る性的なものを排除する
  4. 自分のペニスに触れない

このような感じで性的なものを徹底的に排除します。

そうでもしないとオナ禁はやってられないです。

なのでオナ禁と並行してエロ禁を行いましょう。

 

3.オナ禁アプリは使わない

あとオナ禁アプリは使わない方がいいです。

オナ禁アプリはオナ禁日数を可視化できるので、一見便利そうに思えます。

ただオナ禁アプリを使うと、オナニーを過度に意識してしまうんですよね。

オナ禁は意識しない方が成功しやすいので、オナ禁アプリは使わない方がいいです。

自分はメモ帳にオナ禁開始日だけ書いて、あとは意識しないようにしています。

 

4.筋トレをしてブーストをかける

筋トレをしてオナ禁の効果を最大化することもおすすめです。

オナ禁中は筋トレや付きやすくなるので、その恩恵を生かすことができます。

また筋トレ自体にもテストステロン量を増やす働きがあるので、相乗効果も狙えます。

また運動をすることでムラムラを抑える効果もあります。

オナ禁と併用して筋トレを行うことで、ボディメイクをするのは全然ありです。

 

オナ禁中にムラムラしてしまった時の対処法

続けてオナ禁中の天敵、ムラムラ状態の対処法も解説します。

これらの方法が効果的です。

  1. 運動する
  2. 外出する
  3. 深呼吸する
  4. おしっこする

それでは解説をしていきます。

 

1.運動する

まずは運動をするということです。

ムラムラしたらランニングする、腕立てする、スクワットすると言ったようにルールを決めます。

そうすることで疲労感を与えて性欲を抑えるわけです。

これは多くのオナ禁実践者がしている行為であり、筋トレ自体もオナ禁と相性がよくおすすめです。

 

2.外出する

あとムラムラを紛らわす方法として外出があります。

ムラムラしたらコンビニに行く、ムラムラしたら外にランニングしにくなどです。

自宅にいると手軽にオナニーできてしまうので、できない環境にするわけです。

自分はムラムラしたら、よく隣の公園に行ったりします。

この方法も効果的な方法であり、理にかなっていると言えます。

 

3.深呼吸をする

ムラムラしたら深呼吸もおすすめです。

深呼吸には副交感神経を優位にする働きがあり、リラックス状態へと導きます。

これにより興奮状態を抑えることができます。

手軽にできる対策なのでおすすめです。

 

4.おしっこをする

これは隠し玉ですね。おしっこするとムラムラが収まります。

これに関しては医学的な根拠はないのですが、おしっこすると確かに性欲は収まります。

我慢汁とかもおしっこと一緒に流れちゃうからですね。

尿道と精管が繋がっている男性特有ですね。

これも手軽にできる方法なので、試してみる価値はあります。

 

オナ禁でやってはいけないこと

続けてオナ禁でやってはいけないことを解説します。

以下のことは避けるようにしましょう

  1. 過度の我慢をすること
  2. ノコギリヤシサプリや豆乳の過剰摂取
  3. 長期間のオナ禁

それでは解説します。

 

1.過度の我慢をすること

まずは過度の我慢をしてしまうことです。

オナ禁は最初は少しづつ日数を増やしていくのが鉄則です。

まずは1日。1日でいいからオナニーを我慢してみましょう。

そこから少しづつに数を増やしていくのが吉です。

オナニーは男の生活習慣の一部なので、急に過度の我慢は反動が怖いです。

 

2.ノコギリヤシサプリや豆乳の過剰摂取

画像出典:Amazon

性欲を抑える方法として、ノコギリヤシサプリと豆乳を飲むという方法があります。

ノコギリヤシと豆乳に含まれるイソフラボンは、ホルモンに働きかけるからです。

ただしこの方法は医学的な根拠がなく、プラセボ効果(思い込み)によるところが多いです。

勿論、思い込みでもオナ禁が成功すればOKなので、その行為自体を否定はしません。

ただし過剰摂取は明確なデメリットがあります。

ノコギリヤシには腹痛や下痢、イソフラボンには女性化・乳房の肥大化などの副作用があります。

なので飲む分には構いませんが、過剰摂取は控えましょう。

 

3.長期間のオナ禁

7日を越えるオナ禁はデメリットしかないのでやめましょう。

7日後は必ず射精して、リセット期間を設けるようにしましょう。

それを行わない場合は、男性ホルモン低下、勃起力の低下、精子の質低下、前立腺がんリスク増大などが起こります。

長期間のオナ禁は聖職者の修行的な側面しかないので、一般男性は止めることを推奨します。

 

オナ禁出来ない!続かない!という時に意識したいこと

オナ禁が出来ない。続かないときはどうすればよいのでしょうか?

以下のことは押さえておくと良いですね。

  1. 過度の我慢をすること
  2. ノコギリヤシサプリや豆乳の過剰摂取
  3. 長期間のオナ禁

それでは解説します。

 

1.オナ禁を意識しない

まずはオナ禁を意識しないということですね。

オナ禁を意識してしまうと、余計にオナニーをしたくなってしまいます。

禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことを、カリギュラ効果と言います。

なのでオナ禁を意識してしまうと、逆にオナニーしたくなります。

なのでオナ禁を意識しないことを心がけましょう。

 

2.ストレス発散を意識する

あとストレス発散を意識的にするようにしましょう。

男性はストレスが溜まるとムラムラします。

なのでストレスを意図的に発散して、性欲を抑えるようにしましょう。

ストレスを定期的に発散して、ストレスを溜めないのも大事です。

 

3.暇な時間を作らない

あとは暇な時間を作らないということです。

オナ禁失敗しているときは大体暇な時じゃないですか?

なので暇な時間を作らないようにすれば、オナ禁成功率は上がります。

忙しくて充実しているときは、オナニーをしている時間すらないことも多いですよね。

なので暇な時間を作らないのは有効です。

 

オナニー・オナ禁でよくある質問

続けてオナ禁・オナニー絡みでよくある質問をまとめました。

興味のある方はご覧ください。

  • 質問1:オナ禁でペニスは大きくなるの?
  • 質問2:オナニーのしすぎでハゲるは迷信なの?

それでは開始します。

 

質問1:オナ禁でペニスは大きくなるの?

回答:オナ禁で大きくはなりません。逆に小さくなります。

ペニスは使用しないほどサイズが小さくなります。

それは血流が悪くなって勃起力が低下するからです。

なのでペニスサイズが気になるなら、オナ禁は絶対にすべきではありません。

ちんこを大きくする方法に関しては、こちらをご覧ください。

→ちんこを大きくする方法

 

質問2:オナニーのしすぎでハゲるは迷信なの?

回答:オナニーのし過ぎでハゲるは迷信です。

何なら医師によって明確に否定されています。

「オナニーするとはげる」説は、自慰行為と薄毛に男性ホルモンの増加が関係していることから派生したものです。

自慰行為と薄毛で増える男性ホルモンはそれぞれ別のものなので、自慰行為で薄毛が悪化することを心配する必要はありません。

引用:【医師監修】自慰行為(オナニー)はAGA発症の原因になるか | AGAメディカルケアクリニック

ちなみに自慰行為で増える男性ホルモンはテストステロン、薄毛の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)と異なります。

ここの情報の混同が、こういった迷信を招いているのだと考えられます。

 

オナ禁をリセットするならセックスがベスト

ちなみにオナ禁のリセット時はセックスがベストです。

オナ禁のリセット、我慢したご褒美がオナニーでは味気ないとは思いませんか?

私はオナ禁リセットはセックスでしています。

セックス中は、テストステロン量が増加するという研究結果もあります。

【 結 果 】

予想どおり、セックス・クラブを訪れた男性のテストステロンは36%上昇した。
性行為(sexual behavior)参加者の上昇は76%と観客の11%より有意に高かった。
予想に反して、男性のテストステロンの変化は年齢と関連していなかった。
【 結 論 】
この結果はこれまでに脊椎動物で明らかにされた性的刺激によるテストステロン上昇の報告と一致している。 しかしまた、性行為(sexual
behavior)参加者のテストステロン上昇がより強かったことから実験環境の重要性が指摘される。

原書:Salivary testosterone levels in men at a U.S. sex club

出典:男性は性的活動中にテストステロンが大きく上昇する | 大東製薬工業公式BLOG

このようにセックス中はテストステロン量が約1.76倍まで増加します。

なのでオナ禁はセックスでリセットは理にかなっています。

私は出会い系サイトでセフレを作って、オナ禁後はセックスを楽しんでいます。

いい女を抱くほど、男は磨かれていくものです。

私が愛用しているセフレサイトは以下のページで紹介されています。

参考にしてみてください。

→セフレ作りにおすすめのセフレサイト

 

オナ禁まとめ

以上がオナ禁の成功のコツと、メリット・デメリットです。

オナ禁は一長一短であり、筋トレのように絶対にしたほうが良いというものではありません。

大事なのは自分に合ったオナ禁を続けることです。

オナ禁で男性的な魅力を高めて、自分らしい人生を送れるように努力をしていきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました